蒸しタオルで毛穴の汚れを落とそう

肌のよごれやくすみが気になる・・・。
毛穴の中も詰まっているので、開いてすっきりさせたい。

エステでも取り入れられている、蒸しタオルでのケアは自宅でもできます。
コストもかからず、すっきりさっぱりできるのでオススメです。

蒸しタオルの効果って?

蒸しタオルがよい理由はいくつかあります。
まず、血行促進。蒸しタオルを顔にあてることで、血行がよくなります。
代謝も促してくれるので、エイジングケアにも最適。

そして、毛穴が開くことで溜まっている皮脂や汚れが落ちやすくなります。

蒸しタオルのやり方

お化粧をしている場合は、落として、洗顔をしてから始めましょう。

①タオルを水で濡らして、電子レンジで約30秒チンする。
熱湯にタオルを入れる方法でもOKです。

②蒸しタオルを顔全体にあてて、3分キープ。(熱い時がありますので、手で触って温度をチェックしてくださいね)

③タオルを外したら保湿ケアをする。化粧水、美容液をつけましょう。

化粧水をつける時に、あらかじめ冷やしておけば、毛穴がキュッと引き締まるのでさらに効果的です。

簡単にできますよね。

ポイント

このケアは、週に2回ほどを目安に行いましょう。何事も、やりすぎはあまりよくありませんので、適度にケアするという注意が必要です。
蒸しタオルをレンジから出すときに、熱くなっているのでやけどに注意してください。
顔に当てる時は、タオルの温度に注意すること、水は真水かミネラルウォーターを使うこともポイントです。
タオルは肌触りのよいものをチョイスしましょう。
熱湯は肌によくありませんし、危険ですし、乾燥を招きます。

蒸しタオルを使った後は、肌もふっくらとしていて、むくみも取れて気持ちもよいですよね。
乾燥しやすくなっているので、保湿もしっかりとしてください!
蒸しタオルをつかって、リンパを流すのも効果的です。
顔の外側へ向かってタオルでなで、耳の下の方へ流しましょう。
血行が良くなっているので、より効果があります。

毛穴の汚れを取るだけではもったいないです。
代謝をアップさせて、顔をスッキリさせましょう。

つるつるのお肌をめざして、ちょこちょこと実践していってくださいね。

蒸しタオルでクレンジングする方法や、目を休める目的にも使えます。
お金もかからないので、ぜひやってみたいですね。
続けていくことで、くすみの改善も期待できますよ。

大人の美肌をめざして、蒸しタオル美容法をぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

クレンジングをしなかったらどうなる?

クレンジングが大切!と言われますが、実際に化粧を落とさずに寝てしまうことがある・・・
疲れて落とすのを忘れてしまった・・・という人も多いですよね。

私も、飲んだくれて意識がなくなり、クレンジングどころではないという日々が続いてました。
何よりも、面倒だし・・・。当然、お肌はボロボロです。

元々、化粧は濃くないし、夜にはほとんど落ちてるから大丈夫なんじゃない?とか思ってましたがそうでもありませんでした。

そう、お肌ボロボロ・・・。

クレンジングをさぼってしまうと、けっこうな影響がありますよ、というお話です。

メイクをしたままにしておくと、毛穴がずっとファンデーションで埋まっていますよね。
その結果、毛穴が詰まってニキビが吹き出物ができやすくなったりします。
乾燥がシワの原因になることも・・・。
他にも、色素沈着がくすみやシミの原因となったり、新陳代謝が悪くてターンオーバーどころではなくなります。

考えるほど恐くなりますね。

化粧を落とさないことで自分で老け顔を作っているなんて!

やはり、クレンジングは大切ということですよね。

クレンジングをし忘れたら、どうする?

実際に、クレンジングを忘れて寝てしまう日ってありますよね。
そんな時は、次の日のケアをしっかりとして対策していくことが大事です。

朝起きて、まずは、クレンジングをしっかりとします。
ドロドロになった化粧を落としてスッキリきれいにしましょう。

そして、洗顔も念入りに。ふわふわの泡でごめんねーという気持ちで洗い流します。

それからしっかりと保湿です。
時間がある時には、保湿する前に、蒸しタオルなどで毛穴を開いて血行促進してあげるとよいですね。
蒸しタオルはレンチンでできますので、簡単です。

その日は、メイクをしないくらいがちょうどよいのですが、そうもいきませんよね。
少し薄めにして、肌に負担をかけないようにしておきましょう。

肌の老化は、老け顔ばかりでなく、たるみもありますし、大人ニキビができたりとトラブルが増えることになります。
見た目だけの問題でもありませんよね。

そんなリスクを負いたくありません!それでなくても色々と悩んでるのに・・・。
化粧はきちんと落とす。洗顔をして肌はキレイに保つ!
これが、美肌への一番の近道なんだろうなと思います。

コツコツがんばれば、5年後、10年後の肌もきっときれいなはず♪と思って日々努力していきましょう。
内側からもキレイにしていきましょう!

 

 

毛穴の開きをなんとかしたい

鼻がブツブツでイチゴ鼻・・・。

毛穴が開いていて、化粧の時ポツポツが気になってしまう。
クレンジングの時に汚れが落ちているのか気になる・・・そんなケースも多いです。

毛穴が開いている自分を見るとショックですよね。

毛穴の数は、赤ちゃんの時から変わらず、なんと20万個もあるそうです。
毛穴は、皮膚を守ってくれる働きや、皮脂や老廃物といったものを外に出したり、乾燥を防いだり・・・と色々な役割があります。

毛穴が開く原因は?

毛穴が開いている原因は、たるみなどの加齢からくるものもあります。
毛穴の形をよーく見てみると、楕円形とかしずく型になっていませんか?
ハリが失われてたるみ、丸かった毛穴が広がってしまったというわけなんですね。

他にも、乾燥も毛穴が開く原因となります。
ニキビ跡が原因になることも。ニキビを潰してしまうと、毛穴が開いたままになってしまいます。

洗顔をしすぎたり、保湿をしすぎたり、乾燥させすぎるのもよくありません。
お肌って本当にデリケートですよね。

毛穴ケアのやり方は?

毛穴が開いているからもうあきらめるしかない・・・ということはありません!
きちんとケアしていって、目立たなくしていきましょう。

年と共に、毛穴も開いてきます。ダメージが大きくなっているので、強すぎるクレンジングや洗顔は刺激に なってしまいます。
30代、40代とクレンジングや洗顔料の選び方も、考えていきましょう。

保湿やスキンケアも考え直してみるのもよい機会ですね。
他にも、食生活に気を付けてみるのも効果が期待できます。

「ビタミンC誘導体」や、「レチノール」が含まれているものを使うと、肌の補修をしてくれますのでオススメです。
食事では、タンパク質と野菜を食べるようにしましょう。
緑黄色野菜もしっかり食べて、ビタミンを作り出していきましょう。

逆にNGなのが、揚げ物や甘いもの、ナッツ類など。脂が多いものは避けた方がよいでしょう。
健康的な食生活で肌がキレイになり、身体の調子もよくなりますよね。

紫外線にも注意

毛穴の大敵は、紫外線にもあります。
紫外線対策もしっかりとして、ケアしていきたいですね。

毛穴の開きは、たるみだけでなく、色々な原因があります。
毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのはあまりよくありません。

自分に合った毛穴ケアを見つけていきたいですね。

 

 

クレンジングの正しいやり方って?

クレンジングの注意点は?

クレンジングは、やっぱり肌に負担がかかるものです。低刺激なものや肌にやさしいものを選んでも、長時間使うのは避けましょう。クレンジングは短時間でサッとしましょう。

クレンジングのやり方は、以下の通りになります。いつもなんとなく・・・だった方はチェックしてみて下さいね。

  1. 手をキレイにする
  2. 先にポイントメイクを落とす
  3. まずは適量の半分でベースメイクを落とす
  4. TゾーンからUゾーンへ向かう
  5. ぬるま湯で落とす

まずは、手を清潔にしてから使いましょう。
マスカラや口紅などの濃いめのポイントメイクは先に軽く落としておきましょう。
しっかり落とさなくても、ベースメイクと一緒に落ちますので、ゴシゴシはしなくても大丈夫です。

そして、Tゾーンからクレンジングを乗せてから、Uゾーンに乗せていきましょう。
最後に、皮膚の弱い部分の目や口のまわりを落としていきます。

 

やってはいけない!NGなクレンジング方法

肌に負担がかからないよう、気を付けたいポイントがあります。
NG習慣になってしまうと、せっかくのクレンジングも効果が半減したり、肌に打撃が起きることも。
やっていないかぜひ確認してください。

・ゴシゴシこする

・クレンジングの量が多すぎる/少なすぎる

・マッサージしながら落とす

・冷たい水で洗い流す

これらをやっていませんか?やったことあるかも・・・?と思っている方は、今日からやめましょう。

ゴシゴシこするのは、やっぱり肌への負担がかかります。ゴシゴシしても、汚れの落ち方は変わりませんので、やさしくなでるようにして肌になじませていきましょう。

クレンジングの量が多すぎたり少なすぎたりと、適量を守らないこともNGです。
たくさん使うと、洗い流すのに時間もかかるし、少ないと肌に摩擦を与えてしまうことにもなりかねません。

マッサージしながら落とすのは大丈夫なのでは?と思うかもしれませんが、マッサージ用のものではありません。
マッサージしながらできるというクレンジングであればよいのですが、普通のものでは、肌に負担がかかってしまいます。

冷たい水で流すのは、気持ちよいけど、肌が乾燥したり冷えたりすることにもなりやすいので、ぬるま湯をオススメします。
熱いお湯も水分や油分を流してしまうことになるので、やめておきましょう。

 

正しいクレンジングをして、スキンケアからお肌をよくしていきましょう♪
お手持ちのクレンジングの使用方法をもう一度確認してみるのもいいですね。