クレンジングバームって?

クレンジングにも色々種類がありますが、最近話題のクレンジングバームってどんなものか知ってますか?

私もクレンジングジプシーで、色々さまよっていたのですが、最近はクレンジングバームに落ち着いています。

クレンジングバームの特徴は、固形なんだけど、手に取るとオイルになるテクスチャです。
お肌になじみやすく、潤いも残しつつクレンジングしてくれるという肌にやさしいものです。

私も使っていますが、確かに今までのものと違って、メイクはよく落ちるけど肌がつっぱる・・・ということが無くなりました。
マッサージしながらメイクを落とすというイメージで、肌に負担がないところが気に入っています。

  • 低刺激のものが欲しい
  • ダブル洗顔は面倒
  • 乾燥肌である
  • 敏感肌である
  • メイクはしっかり落としたい

という方へオススメです。

クレンジングバームの選び方は、マッサージ効果美白効果、など特徴があるので、自分に合うものを選んでいきましょう。
あとは、成分表もチェック!
お肌にやさしい、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバターなど保湿成分が多いものをチョイスしましょう。
添加物も、なるべく少ないものを選ぶようにします。
成分表って、裏面に小さく書いてあって非常に見にくいですが、合成界面活性剤、防腐剤なが入っているかをチェックしてくださいね。

ふき取るタイプと流すタイプ

クレンジングバームには、メイクとなじませてコットンなどでふき取るタイプと、洗い流すタイプがあります。
お風呂でクレンジングする、という方は洗い流すタイプを、
リビングなどでクレンジングしたい、という方はふき取るタイプを選ぶとよいですね。
どちらも使えるというものもありますので、生活スタイルに合わせて決めましょう。
同じように、濡れた手でも使えるもの、乾いた状態で使うものというのもあります。

テクスチャも色々

テクスチャも、なめらかなものからパックもできるようなものまで、色々とそろっています。
洗いあがりが、サッパリしたいのか、しっとりしたいのかにもよって違いますよね。
そして、いい香りがするものがたくさんあるので、好みの香りのものを使って、癒しタイムにするのもよいですよね。
ゆずやローズ、シアバターなど、色々とあります。

 

毛穴汚れもしっかり落としてくれて、肌もなめらかになるなんて、クレンジングバームってすごいですよね。
忙しくて、ダブル洗顔をしたい人にもオススメです♪私は時間はあるけど、面倒くさがりなのでダブル洗顔派です。

クレンジングの種類はたくさんある!

ひとことにクレンジングといっても、実は種類がたくさんあります。
肌に負担が少ないものを、と探している人もいるし、今のクレンジングが合っているのかな?とふと疑問を抱く方もいるのでは?

私も、化粧なんて夕方にはずいぶん落ちているだろうし、とクレンジングについてはあまり深く考えていませんでした。
軽く洗うだけでも落ちるのでは?なんて・・・。化粧を落とさず寝るのはダメだという認識はあったけど、若い頃は飲み過ぎてそのままダウン・・・という日もあったなぁ・・・(遠い目)

でもやっぱり、お肌のためには、きちんとしたクレンジングが必要です。
スキンケアの基本となるので、未来の自分の肌のためにも、ちゃんとケアしてあげたい!と思うようになりました。

クレンジングにも色々な種類があります。自分に合うものを探したり、興味があるものを試してみるのもよいでしょう。

クレンジングバーム

クレンジングバームは、最初固形なんだけど、使うときはテクスチャになってとろーりとしてメイクを落としていきます。最近の私のオススメはこちらです。時間があまりかからないというのも魅力ですよ。

ジェルやクリーム、ミルク

クレンジングといえば、ジェル状のものというイメージが強いのではないでしょうか?
しっかりメイクを落としたいときはジェルが効果的。ホットクレンジングジェルは、ほんのりと温かくなってクレンジングが癒しの時間になります。
ジェルもオイルが入っているものと入っていないものがあります。

クリームは、肌への刺激が少なくなっています。肌にゆっくりと馴染んでお化粧を落としていきます。
ミルクタイプはさらっとした感じのテクスチャで、あまりお化粧をしない人向けの肌に負担が少ないものになっています。

シートクレンジング

疲れたから今日は無理!という日は、シートタイプのクレンジングを使っても。
洗面所まで行かなくても、ソファやリビングでくつろぎながらシートで拭き取って落とします。
こちらは、ちょっと肌への負担が気になるので、たまに使う感じならよいのでは?というのが個人的な感想です。

使うなら、肌に合うものを選びたい!

しっかり、スッキリ洗いたい人、濃いめのメイクの方はオイルで、とメイクを基準に選んでいくこともできます。
ナチュラルメイクの人はミルクタイプでマイルドに洗うという感じですね。

オイル

リキッド

クリーム

ミルク

こんな感じで、スッキリ洗いたい方はオイルやリキッドを、乾燥や肌荒れが気になる人はミルクで優しく洗い流す、という風に使い分けていくと選びやすいです。